読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇落ちSIerの日常

SIerのはずですがIT関係は少なめにほぼ愚痴。全て愚痴。

感情の言語化

THE IDOLM@STER STATION!!!」、通称アイステというWEBラジオがある。名前の通りアイマスのラジオだ。
毎週水曜日にニコ生で配信されているはず。正直なことを言えばぼくはあまり聞いていない。CDが発売されれば買うだけの人間だ。

アイステにはパーソナリティーとして、以前記事に書いた原由実(四条貴音役)に加え、沼倉愛美(我那覇響役)と浅倉杏美(萩原雪歩役)の3人がいる。3人とも個性豊かで好きな声優である。ただ、好きな声優ではあるのだが厳密にするとそれぞれに対する感情は異なる。

はらみー(原由実)に関しては、キャラクター的な好きであり、なおかつ人間的な好きでもある。まさにアイドルに対する好きであり、恋愛感情とは異なる。彼女がどんなことをしようが許せてしまうような感情だ。

沼倉(沼倉愛美)に関してはアーティストとしての好きという感情である。恋愛感情ではないが、多分彼女が結婚を報告したらショックを受けると思う。常にかっこよく、凛々しくしてほしいような感情である。

あずみん(浅倉杏美)に関してはもう女性として好きと言うほかない。正直3人の中で比較すれば1番好き!というわけではないような気がするのだが、結婚されれば確実にショックを受けるし、できることなら知り合ってみたいとも思う。かなり気持ち悪いと思うがあずみんのことを考えると少女漫画の乙女のようにドキドキしてしまうことがある。社会人のキモオタが、だ。

これらの気持ちを端的に述べる言葉がわからない。単純に語彙のなさなのかもしれないが、この感情を人に伝えるのが非常に難しい。「好きな声優は?」という質問に対してどうこたえるべきなのかたまに悩んでしまう。

・(人間として)好きな声優は?  ⇒はらみー
・好きな声優は?        ⇒沼倉
・好きな声優(をしている女性)は?⇒あずみん
って、↑こんな具合で

こういう気持ち悪い思考を良くする。これのおかげさまで要領も悪くなるし、悪くなった真意(上記の考え)を告げたところで気持ち悪がられるだけなので、なんとなくやるせなくなる。